Twitter

Twitter数字の見方(正しい分析の方法)

分析の流儀

こんにちは。オクシンです✨

今日はTwitterの数値を見る上で誤った見方をしてる人が多く見受けられたので注意する点を書いていきます。

短いのでサラッと読めると思います!

私はもっとも重要なのはインプレッション(表示回数)だと考えています。何度も書いてますがインプを出すためには「フォロワー数×エンゲージメント(反応数)」が必要です。

Twitterにはツイートアクティビティというデータを見る箇所があります。

エンゲージメントとは?

エンゲージメントは、ユーザーがツイートに反応した合計回数のことです。ツイートのクリック(ハッシュタグ、リンク、プロフィール画像、ユーザー名、ツイートの詳細表示のクリックを含む)、リツイート、返信、フォロー、いいねを含みます。

外見とは全く違う結果

下記の2つを比較するとわかりやすいです。上部をA、下部をBとします。
※「誰に」リツイートされた等は今回は考察に入れません

数字を比較していきます。

インプレッション
103万
37万

いいね数
2758
5068

リツイート数
604
907

リプライ数
281
66

エンゲージメント
86463
11360

詳細クリック
71972
4720

プロフィールへのアクセス数
4755
495

この2つを見るとインプレッションが約2.5倍も異なります。いいねの数はBの方が2000以上多いのにです。エンゲージメントの詳細クリックとプロフィールへのアクセス数はAの方が10倍多いものでした。

つまり「いいねが多い=インプレッションが高い」という式は成立しません。外から見える数値ではツイートのインプレッションは把握することはできないということです。

ツイートを外から見るとBの方がいいねが多く派手に見えますね。タイムラインで見かけたときBを見て凄いなと感じたことはないでしょうか。自分もBみたいなツイートをしたいと思う人もいると思います。

でも、実際にフォロワーが増えたのはAのツイートです。Aはフォロワーの純増数がプラス410、Bはプラス100となります。表示回数も2倍以上Aが多いのです。

いいねは多いけどフォロワーが増えない

「今日のツイートは伸びた!」と喜んだけどフォロワーが全く増えないという方は、Bのツイートを何度も行ってるケースが多いと予測されます。

改善策としては、データを見ることです。「いいね」が多いから良いツイートが出来たという思考を捨てることが大切です。

プロフィール誘導をしなくてもプロフィールが見られるツイートは出来ます。お題、入れるキーワード、文章構成によって可能です。

過去ツイートのデータを見て状態を把握し、次にどうするか考えることが大切です。

数字分析、ライティング、インスタを学べるサロンを運営しているので良かったら一緒に学んでいきましょう!興味のある方は下記をお読みください✨

ではまた。

SNSの学校 Twitter&インスタ オクシン
【SNSの学校 Twitter&インスタ】第2期生募集中メンバー105名、累計増加フォロワー数は18万を突破。SNSの学校Twitter&インスタ。...